GPSの設置場所を解説します!

GPSの設置場所は何処がいい?

GPSの設置場所で狙い目になるのは次の場所です、

 

・常に身に着けているもの
・相手がGPSを見つけにくいこと
・GPSを何かで包むこと

 

順に解説して行きます。

常に身に着けているもの

GPSが位置の記録をする以上、
このGPSを相手が常に、
持ち歩いていなければいけません、

 

ですが浮気調査のことを感づかれては困りますので、
GPS持ってって」なんて口が裂けてもいえません、

 

なので例えばお気に入りのジャンバーやカバンなど、
普段相手が常に身につけている物に、
GPSを仕込むのが無難です。

普段は使わない物

仮に常に身に着けている物にGPSを仕込めたとしても、
それが直ぐに見つかってしまっては意味がありません。

 

ジャンバーやカバン奥の内ポケットなど
意外と見つからない場所はありますので

 

見つかり難いベストな場所を事前に探り当てておきましょう
例えばコチラの方法等を参考にしてください。

 

GPSを何かで包むこと

GPSを仕込む以上、それが見つかるリスクが常に付いて回ります
その為、万が一GPSが発見されてもそれと分からない工夫をすると
宜しいかと思います、

 

例えば小型のGPSなら、
私物で相手が見つけても開けづらい
個人用のポーチや、鍵付きのケースに入れる等、

 

万が一の為のカモフラージュをしておくと良いと思います。

3つのポイントを満たす格好の場所とは?

上記のポイントを、なるべく満たした物に仕込むこと理想です、
3つのポイントを全て満たせる物は、例えば車やバイクの車検証です、
多くの人は例えば車やバイクで移動する場合、
出先の故障した場合など、イザというときどうしても必要になる為、
車内に常備していることが多いです。

 

ですが、保証書や車検証を使うタイミングは、
年に一度あるか無いかで、日常は殆ど使用しません。

 

保険証の袋の中等に入れてしまえばまず見つからないでしょう

 

まとめ

普段は使わないけど
イザというとき絶対必要になり
いつも携帯していることが多いもの
を狙うのがポイント。

 

 

GPSの設置場所は何処がいい?記事一覧

GPSを隠す場所や仕込む場所を探す上で、いつも携帯していて、見つかりにくい場所といっても、頭で考えるだけでは、なかなか分からないものです。ですので、その仕込む場所を調べる方法を紹介します、実際に試験的に別の物を仕込んで本番の仕込み用にテストをするのです。ですがそれが元で警戒されては元も子もありません。ですので、怪しまれないように調べる方法として、こんなやり方を紹介します。怪しまれずに、物を仕込む検...

GPSを車に設置する場所についてオススメ度と共に解説して行きます、マグネット付きのGPSを利用する場合は、車の内側の金属部分に設置することが多いですがそちらは他のサイトで解説されていますので、ここではマグネットを使用しなくても良いに、車内に隠すポイントをオススメ度順に解説していきます。オススメ度★★★★★ バックドアの脇ポケット・カーペットの下バックドアを開けた、左右に小さなポケット部分、(画像で...