GPS浮気調査のメリットのついて解説します。

GPS浮気調査のデメリット

低価格で手軽なGPS浮気調査ですが
代表的な以下の3つの欠点があります、

 

電波が届かない場所では正確に位置がわからない
・相手がGPS常に携帯している必要がある
・裁判での証拠能力が低い

 

順番を解説していきます。

電波が届かない場所では正確に位置がわからない

GPSロガーが位置を記録する為には
衛星からの電波が受信出来る必要があり
例えばトンネルの中や、地下通路に中に相手が滞在している場合
相手の位置情報は記録出来ず、
正確な位置が測定できなくなってしまいます。

相手がGPSを常に携帯している必要がある

GPS浮気調査は、発信機のロガーの位置を記録するので、

 

ロガーを仕込んだカバンやジャンパーを
何処かに置き忘れることで、、携帯していない場合
当然相手の追跡が出来なくなってしまいます。

 

相手が肌身離さず身に着けているけている物に
仕込むことが、このデメリット回避するポイントです。

裁判の証拠能力が低い

離婚調停などで、裁判を行う場合
GPS浮気調査により、ラブホテルや、浮気相手の自宅等、
咲いての滞在場所が分かったとしても
その行動内容までは記録仕切れません

 

ですので、そういったGPSの記録
状況証拠にとどまり、裁判で争う為の証拠としては
証拠能力が低いことを念頭に置かなければなりません、

 

ですが最近は録音機能を備えたGPS
販売されているので、そちらを使用することで、
この欠点はある程度カバー出来ると思います。

 

 

関連ページ

GPS浮気調査のメリット
GPS浮気調査の代表的なメリットは調査費用は格安、単独で可能、詳細なデータが取れるの三つで、自分でお手軽に出来る浮気調査として人気です。